やまがた地域産業応援基金助成事業

山形文庫 (企業組合リンクシップ内)

〒990-2473 山形市松栄1-3-8 山形県産業創造支援センター205号室

やまがた地域産業応援基金助成事業

www.yamagatabunko.com

 みなさんの人生を話していただいて、それを形(A4の冊子)にします。

自分史に興味がある、自分の想いを伝えたい、楽しかったあの頃を振り返ってみたい。でも、どうしていいのかわからない、自分で書くのは苦手、高額な費用はかけられない。

そんな方のための自分史です。

この「話を聴いてつくる自分史」は、自分史活用アドバイザー(自分史活用推進協議会認定)がみなさんのお話しを伺って、構成、編集して冊子として完成させます。また、弊社「山形文庫」のホームページからご覧いただけるようにします(希望者のみ)。

弊社の経営革新計画のテーマ「自分史作成事業の新たな展開」としての事業の一環です。

 

私の人生の主役は私

ただひたすらに歩んできた人生を一度振り返り、また、新たに歩みはじめませんか。

よく「私の人生なんて平凡で語ることなどなにもない」という方がいます。では、1枚の写真をご用意ください。そこから思い出すこと、話してみてください。あっという間に文字にすれば、200字、300字の思い出が溢れてきます。

「人生はドラマだ」。そうです、どなたにも一人一つのドラマ(物語)があります。

貴方のお話しを伺って、物語として構成していきます。本物の物語を演出します。

 

貴方の人生の物語を演出するのは、きちんと想いを伝えるためです。

人に話すことで、客観的に自分を見つめ直すことができ、「私は頑張ってきたんだな」と自分が好きになり、楽しくなる、元気になる。それが自分史の魅力です。

もし辛いことがあったとしても、その経験はいまの自分に必ず意味があることに気づきます。想い出を形にして、伝え、のこす。それが私たちのお役に立てることです。

ご利用のご案内

インタビューにこたえて、写真を用意するだけで 自分史を作成します。
料金に含まれるもの

■ 取材(直接お話を聞く / 平日)

  2回(1回2時間程度・2回目に写真撮影)

■ 電話取材(電話でお話を聞く / 平日)

  1回(お話の内容確認)

■ 校正(内容の確認)

  1回(同封の郵便封筒にて送り返してください)

■ 雑誌(A4雑誌  12ページ・フルカラー  10冊)

  追加注文(1冊=1,500円 / 5冊単位でお申し込みできます)

■ 電子書籍(希望の方に無料提供)

  山形文庫のホームページよりダウンロード可能

※村山地区以外の出張取材は交通費1日3,000円かかります

お申し込み

■ お申し込み金 20,000円

  (利用料金に含まれます)

■ キャンセル(途中解約)

  1回取材終了時 50,000円

  以後のキャンセルは全額利用料となります

■ お申し込み綴り

  ・ご利用の規約

  ・申し込みの控え

  ・領収書

  ・次回の訪問取材予定

 などのファイルをお渡しします

023-646-5222

山形文庫に直接電話がつながります。

※具体的な内容についてはお問合せください。       tel.023-646-5222   企業組合リンクシップ   「山形文庫」